京都女一人旅記録②と弾丸旅行を楽しむための私なりのコツ|四条で老舗ランチ〜東寺

新年はじめてのブログ更新です。今年もよろしくお願いいたします。

前回の記事の続きです。たった半日でも京都をしっかりと楽しんだ記録と、限られた旅行時間を有効に使うために私が実践している旅行計画のコツについてです。

弾丸京都旅行、午前中は貴船神社と実相院を観光し、現在11時前。14時前には京都を発つため、残り3時間!老舗の味を楽しみ、東寺の秋の特別拝観を見ることが出来るのか・・!?(出来ました)


10:55 いづ重で鯖寿司といなり寿司ランチ

今回の京都では老舗の味を食べたい!&女性一人でも入りやすいをテーマに選びました。ちょうどいい時間に四条に来れたので、まずはいづ重さんへ。

八坂神社と高台寺の目の前にある、100年以上の歴史がある京寿司のお店です。老舗の味をリーズナブル(1,500円くらい)にいただけるのが嬉しい。ネットの口コミによると普段は行列が絶えないそうですが、開店時間11時の5分前に到着したためまだ列は無くすぐ席に通していただけました。

お店の方も一人客に慣れていらっしゃって居心地が良かったです。
そして入りやすさだけでなく一人旅にめちゃくちゃおすすめな点がありまして、ほぼすべてのメニューがハーフ&ハーフで頼めることなんです!!!
鯖寿司、美しい箱寿司、様々な具のいなり寿司・・・どれも食べてみたい!でも一人じゃそんなに食べきれないよ・・!といった悩みにダイレクトに答えてくる嬉しすぎるサービス!!!

20181212195839

厚切りの鯖がとろける鯖寿司と、ジューシーすぎるおあげに山椒と柚子が香るおいなりさんをハーフにしていただきました。美味しかった・・・!

11:30 鍵善良房の厳格な雰囲気の中でいただくずきり

20181212210622

いづ重さんでお寿司を食べたあと、同じく四条にある憧れの老舗お菓子屋さんへ。

鍵善良房 四条本店さんです。なんと創業は江戸時代。その重厚な店構えから入るのを一瞬ためらいましたが、思い切ってのれんをくぐるとそこは歴史深さを感じる趣深い店内!素敵すぎる!!勇気を出して入ってよかった〜〜!!!

奥には喫茶室があり、こちらも行列が耐えないとのことでしたがまだお昼になったばかりということで空いていました。お昼を食べたばかりですがデザー卜ということで迷いなく入りますよ。
お通しとして出てくる落雁からとっても上品で美味しい・・!そして看板メニューのくずきりをいただきました。豪華な容器は2段重ねで、くずきりと黒蜜が入っています。

20181212200919

黒蜜が濃厚で、上品で澄んだ味。美味しい〜!もちもちしていてけっこうな量があったので、思ったよりお腹に溜まりました。苦しい。裏庭が見える店内も素敵で、大人の空間。カフェ内のお客さんも年配の方が多かったです。

おみやげは包みがかわいい干菓子の「おちょま」と、羊羹を購入しました。季節限定の栗蒸し羊羹が唆られましたが、賞味期限の問題で通常のものに。

12:30東寺の特別公開で立体曼荼羅に感動する

残り時間も少なくなってきましたが最後の目的地へ。東寺の秋の特別公開です。五重塔の内部や、国宝の数々が拝観できる貴重な機会。

f:id:somi_wedding:20190108194015j:plain

到着したのが昼過ぎとあってなかなか人も多く、五重塔の中の仏像を覗くときはちょっと並びましたがお寺全体が広いため混雑感はなかったです。

f:id:somi_wedding:20190109002357j:image

金堂、講堂の中に入れるのもこの特別拝観のときだけ。国宝の仏像を間近から、四方からじっくり眺められます。とくに金堂の中にある立体曼荼羅は息を呑む迫力でした。私が当時の悪人で、懲罰かなにかでこの金堂に入れられたとしたら、罪を洗いざらい吐露したのち改心して尼になります・・・・ってくらい。

英訳すると3DMandalaなのか・・・!かっこいい。

じっくり拝観したところでタイムアップです。京都駅から友人の待つ大阪に向かったのでした。朝から14時までと弾丸旅行でしたが、貴船から東寺まで、存分に楽しむことが出来ました。

弾丸旅行で時間を無駄にしない、でもゆるく旅するための私なりのコツ

出来る限り色んな所に行きたい、美味しいものも食べたい、けど時間に追われて焦るのも嫌だな・・・。そのために「絶対行く所を決めたら第二候補を沢山地図に書いておく」を実践しています。

  1. まず絶対に行きたいところを(時間にだいぶ余裕を持って)決める
  2. その行動範囲内で内で気になるお店や場所を探す
  3. 地図上ににリストアップする

旅行の計画をするときはたいていこの手順です。とくに「地図上にリストアップする」ことがゆるく旅行をするための私なりのコツです。

f:id:somi_wedding:20190108231156j:plain

京都旅行のときのお気に入りの一部。iPhoneの地図アプリです。

絶対に行きたいところを抑えつつ、気分やお腹の減り具合で「あ、今ここいにいるから近くに行きたかったあの店があるな」とすぐに思い浮かべることが出来るので・・・。実際の距離や行きやすさは現地に行かないと分からない事が多いですしね。

ふと立ち寄って良さそうなお店があったら入ってみる、といったこともありますし調べた所全部に行けるわけではありませんが、選択肢が広がる、悩む時間がいらないという点で役立っています。

f:id:somi_wedding:20190108231838j:plain

紙の地図にメモするのも一覧で見れて分かりやすいので好きです。ガイドブックを持ち歩くのは重いので、1枚の地図に行きたい所をマークした自分用観光地図を当日持っていきます。ガイドブックによく付録で入っている1枚地図が使いやすいですよ。

美術館などや行きたいお店のオープンなども書き込みます。

こちらの潜水艦のためだけに行った呉旅行では楽しみすぎて自分用に情報をまとめた資料も作りました。

f:id:somi_wedding:20190109001645j:image

もともと下調べ自体が大好きなのかも。旅行って計画中も楽しいですよね。